竹鶴12年。

今すぐシェア

ひっこしました
こちらもお酒の在庫処分セールで入手しました。
これを見つけた時
かーなーりテンション上がりました♪
【竹鶴12年】
_9130196.jpg
サントリー山崎蒸溜所に足繁く通っている私達は
すっかりサントリーウイスキーの味に慣れてしまい、
ウイスキーといえばサントリーのものを
買ったり飲んだりする事が多いんだけど、
密かにニッカのウイスキーも飲んでみたいと思ってたんです!!
この竹鶴12年は終売になってしまった「レア」ものだそうで
飲んでみると、「山崎」の華やかさや甘みと「白州」のスモーキーさを
備え持つとても美味しいウイスキーでありました
ニッカはなんとなく「スモーキー」なイメージだったので
こんなに華やかというか甘やかな味もするとは意外でした。
スモーキー繋がりで
こないだ買った「白州」を飲んでみたんですが
ノンヴィンテージのものだからか、厚みが全然無く、
竹鶴12年の方が断然ウマイ!!!
やっぱりウイスキーの味(というか厚み)って
値段に比例しているんですねぇ~。
そこで、今うちにあるウイスキーの中で一番高いであろう
サントリーの「知多蒸溜所特製グレーン 」を持ってきました。
【知多蒸溜所特製グレーン】
_9130203.jpg
知多蒸溜所グレーンは
12年を超えるグレーン原酒を使っているんだそう。
その為か、竹鶴12年と味は全然違うんですが、
厚みというか味の深みは竹鶴と同じでした。
妻:「味の方向性は違うけどこれは同じくらい美味しいね。」
夫:「ほんまやな」
私が竹鶴を「ブレンドコーヒー」
知多グレーンを「キャラメルマキアート」のようだと例えると
ダンナさんは、竹鶴が「コーヒー」で
知多グレーンが「紅茶ではないか」と言っていました。
そし私がサントリーの瓶の方が洒落ている事に着目し、
「サントリーは見せ方が上手いんだよね」と言うと
ダンナさんは「阪急と大丸みたいなもんやな」と
うまいこと言ってました。
いつもこんなくだらない会話をしながら
夫婦で酒を飲んでいるのであります。
ダンナさんとは性格的に合わない部分もあるけれど
酒の好みや飲むペース、味覚がほぼ一緒なので
それは本当に良かったなぁーと思います。
ってか、それが一緒じゃなかったら
結婚してなかっただろうなー。
のっち

4歳の息子を育てる酔いどれワーキング主婦です。
カンパリ、バーボン以外のお酒全般をこよなく愛してます‼︎