極甘シェリー×スティルトン

今すぐシェア

ひっこしました

お酒と料理を一緒に飲食して、相乗効果でさらにおいしくなる
組み合わせを、「マリアージュ」といいますが、
現在我が家のマリアージュ部門堂々第1位に輝く、
お気に入りの組み合わせを紹介したいと思いますヽ(*´∀`)ノ
【極甘シェリー×スティルトン】
スティルトンとシェリー 
癖の強い、敬遠されがちなブルーチーズと、甘いお酒を一緒に
して大丈夫なの!?と思われる方も多いハズ。
私たちも最初は半信半疑だったのですが、合わせてみてびっくり!Σ( ̄ロ ̄lll)
なんと単品で楽しむより何倍も美味しくなったんです!!
このイギリス産まれのスティルトンは世界3大ブルーチーズの一つで
(あとの2つはフランスのロックフォール、イタリアのゴルゴンゾーラです。)
ポートワインと合わせるのが定番とされています。
もちろん、私たち酔いどれ夫婦はポートワインも試してみました。
ついでに同じ酒精強化酒のマディラ(甘口)も!
3種飲み比べ
そして甘口ワインのソルテーヌも!!
ソルテーヌ
そして恐るべき執念で、ゴルゴンゾーラ等、他のブルーチーズも買い漁り、
いろいろ試してみましたが、結局この「スティルトン×極甘口シェリー」の
組み合わせで落ち着き、現在に至っています。
上の写真のシェリー酒も良いのですが、
さらに濃厚、満足感大のお気に入りなシェリーがこちらです↓ 
  トロ・アルバラ・ドン・ぺー・エキス・ペドロ・ヒメネス[1979]年
そして噂のスティルトンの購入はこちら。
  【5%OFF】ハチミツのようなやわらかな甘さスティルトン約170g
スティルトンはウイスキーやミルクティーとも合うらしいですね~。
みなさんもいろいろなマリアージュをお試し下さい♪
最後に応援ポチッとお願いします(*^▽^*)  → 人気ブログランキングへ

のっち

4歳の息子を育てる酔いどれワーキング主婦です。
カンパリ、バーボン以外のお酒全般をこよなく愛してます‼︎